よくある質問

クラウドファンディング開始までに、どのくらいの時間を要しますか。

プロジェクトによりますが、プロジェクト概要のご検討・エントリーシートご提出(2週間~)、審査(1週間)、クラウドファンディング準備(1カ月~)程度を要することが一般的と考えられます。詳しくはご相談ください。

岩手、宮城、福島の三県以外でも、支援対象となりますか。

三県以外(例えば東京)で事業を実施され、そのことが三県の復興に寄与するという場合も、支援の対象となります。また、三県に限らず、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域においては支援対象となる可能性があります。お問い合わせください。

法人以外でも支援対象になるでしょうか。

個人事業主、高校・専門学校・大学等の教育機関のほか、町内会・イベントの実行委員会・同窓会等の法人格のない団体も、定款と構成員名簿があれば、支援対象となる可能性があります。お問い合わせください。

現在実施中のクラウドファンディングを、この事業で支援してもらう事は出来ますか。

原則出来ません。実施前にエントリーいただいたプロジェクトが対象となります。過去にクラウドファンディングを実施され、目標を達成しなかったプロジェクトを再度実施されたいという場合は、支援の対象となる可能性があります。お問い合わせください。

既に金融機関などから融資を受けている事業でも、支援してもらう事はできますか。

プロジェクトの目標達成のために、追加の資金が必要という場合は可能です。

説明会に参加しなくてもエントリーできますか。

エントリーしていただけます。

クラウドファンディング事業者を指定することはできますか。

クラウドファンディング事業者は、エントリー審査後に事務局より指定させていただきます。ご希望がある場合は、エントリー時にご指定いただくことができますが、必ずご希望通りとなるものではありませんので、あらかじめご了承ください。

クラウドファンディングを利用する事に費用は掛かりますか。

目標金額を達成した場合に、利用料の支払いが必要となります。利用料は事業者ごとに異なります。目標金額に到達しなかった場合には利用料は発生しません。

エントリー審査はどのように実施されますか。

外部有識者により構成される審査委員会で審査されます。被災地の復興に寄与するか、目標金額に達成する可能性が見込まれるか、目標金額に達成した後、計画が成功する可能性が見込まれるか等、総合的に審査されます。

相談サポートは、誰から、どのような形で受けられますか。

岩手、宮城、福島にサポートデスクを設置します。メール・電話の他、必要に応じて対面でのご相談も可能です。サポートデスクは現地の民間団体に委託しています。それぞれの地域・経済事情を理解するとともに、現地でのネットワークを有していますので、安心してご相談ください。

専門家派遣は、誰から、どのような形で受けられますか。

必要に応じて、マーケティングの専門家、WEB・写真・動画撮影の専門家を派遣することが可能です。専門家はエントリー審査後に事務局より指定させていただきます。三県の事業者の場合も、それ以外(例えば東京)の場合もあります。遠方となる場合、お打合せは電話会議等でお願いする可能性があります。